昭和大学病院救命救急センター

昭和大学病院救命救急センター 沿革

 
  • 1965年 救急病院の告示を受ける
  • 1994年 救急医学科の設置
  • 1996年 災害拠点病院に選定
  • 1997年 東京都災害時後方医療施設に指定
  • 1997年 昭和大学医学部救急医学講座の設置
    初代主任教授として有賀徹 現名誉教授が就任
  • 1999年 東京都より救命救急センターの認定
    有賀徹 現名誉教授が救命救急センター長に就任
  • 2005年 東京DMAT指定医療機関として指定
  • 2011年 総合診療部が新設される
    三宅康史 元教授が救命救急センター長に就任
  • 2012年 東京都よりDMATカーが配備
  • 2014年 日本DMAT指定病院に指定
  • 2016年 土肥謙二が二代目主任教授(兼救命救急センター長)に就任
  • 2017年 昭和大学医学部救急・災害医学講座に名称変更
Copyright ©  2018   昭和大学 医学部 救急医学講座  All rights reserved.